砂漠のマスカレード ★ 2018/12/18(火) 21:50:21.38
    12月13日に放送された情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)での、MC・加藤浩次の発言が注目を集めている。
    番組では、専業主婦に関するアンケートが紹介されたという。

    「番組では、『専業主婦の5割強が罪悪感を抱いている』という、調査機関によるアンケートを取り上げました。
    一部の主婦は、『健康なのに働かないなんて』など陰口を言われることもあるようで、悩んでいるのだとか。
    これに加藤は『それぞれの夫婦の形がありますから』『罪悪感を感じる必要はない』ときっぱりコメントし、視聴者の主婦から『救われた』と称賛の声が飛び交いました」(テレビ誌記者)

    かつては狂犬と呼ばれるバラエティのイメージが強かった加藤だが、2006年に同番組が始まって以降は、バランス感覚に優れたコメントで人気を博し、長年、朝の顔を務めている。
    しかし12月14日発売の「フライデー」によると、番組が近々打ち切られる可能性があるというのだ。

    「『フライデー』が日テレスタッフに取材したところ、近年は羽鳥慎一の『モーニングショー』(テレビ朝日系)に視聴率が大きく離されているそう。
    その原因は、サブMC・ハリセンボンの近藤春菜のコメントが説得力に欠け、主婦層に支持されていないからだと考えているようです。
    それならば近藤だけを降板させればいいのですが、どうやら彼女は加藤の推薦で加入した背景があるため、クビにするわけにはいかないとのこと。
    そのため、このまま数字が下がり続ければ、番組ごと打ち切りとなる可能性があるようです」(前出・テレビ誌記者)

    朝の情報番組は「PON!」を9月に打ち切ったばかりの日テレ。今度は「スッキリ」に大ナタを振るうことになるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1615721/
    2018.12.18 17:58 アサ芸プラス


    【ハリセンボン春菜が原因?「スッキリ」がついに打ち切り間近の大ピンチ!】の続きを読む

    砂漠のマスカレード ★ 2019/01/02(水) 12:03:39.02
    1月1日(火)放送の「芸能人格付けチェック 2019お正月スぺシャル」(テレビ朝日系)に欅坂46(渡邉理佐、守屋茜、菅井友香、長濱ねる)が登場。
    ワインの飲み比べなどに挑んだ。

    勝負前に菅井は「欅坂は勝負強いってところを見せられるように頑張りたいです」と意気込みを語ると、司会の浜田雅功(ダウンタウン)から「これね、4人でやったりすると、どうしても意見が分かれるんですよ。
    誰の意見を優先してそっちに寄せるかとか、どんだけ仲良いかがわかります」と、参加する人数が多ければ多いほど難易度は上がるとビビらされる。

    そんな中、高級飲食店でA:1本100万円のワイン「シャトー・ムートン・ロートシルト」と、B:1本5000円のフランスボルドー産テーブルワインを飲み比べる勝負に菅井と長濱がチャレンジ。
    長濱は「20歳になったばっかりでワイン飲んだことないんですけど…」とコメントすると、浜田から「初ワインで100万の飲むの?すごいね」と驚かれる。

    初めてのワインを口にする長濱は、「におい嗅ぐの?」と菅井に聞き実飲。
    A・B両方のワインを飲み終えた長濱は「味が違うのはわかるけど」と不安げな表情を浮かべるも菅井と揃ってAの札を上げ、見事に1本100万円の高級ワインを言い当てた。

    この瞬間スタジオの渡邉と守屋は手を上げて大喜び。浜田は「え!すげぇ!欅助かったやんか」と驚愕し、菅井が「Aの方が飲みやすかった気がする」と選んだ感想を語ると、
    Aの控え室で待っていた志村けんが長濱に「どうですか?初ワインお味は?」と質問。長濱は「渋すぎて、全然味がわかんなくて」と、勘で選んだと初ワインの印象を明かした。

    Aの控え室に正解を告げ来た浜田は、控え室に入るなり菅井と長濱に「素晴らしい。若い子らがよう(Aを選んで)入ったなと思って」と驚き、二人のミラクルプレーを称賛した。

    また、個人の連勝記録がかかるGACKTは、前回同様X・JAPANのYOSHIKIとペアを組み参戦。こちらも見事に全問正解し、無敗記録を驚異の「58」と伸ばし続けた。


    ▶︎Youtube ▶︎
    欅坂46 長濱ねる 菅井友香 初ワインが100万円!


    【欅坂46長濱ねる、人生初ワインで1本100万円の高級ワインを正解!】の続きを読む

      2018/10/16(火) 21:53:20.76


    連日、メディアに茂木大臣、岸田政調会長、加藤総務会長の名前が出てくる。

    私の師匠であった中川一郎先生はよく
    「政治家は悪名は無名にまさる。いいか鈴木君、政治家で名前の知られていないほど情けないことはない」
    とよく言っていたが、ポストについて評価されてよく取り上げられる茂木大臣、岸田政調会長、加藤総務会長は、政治家として第四コーナーに入ってきたと言ってよいだろう。

     これから最後のホームストレッチに向け、本人の努力はもとより、さまざまなその時その時の巡り合わせが左右することだろう。何よりも運も味方のうちである。

     安倍総理が任命した有為な人達である。一に国益、二に国益、三・四なくして五に国益の観点で志を持って邁進して戴きたい。

     自民党には人材が沢山いると実感しながら、今はしっかり安倍総理を支え、切磋琢磨してほしいと願ってやまない。

     安倍総理は消費税10%を表明したが、立憲民主党枝野代表は「理解できない」と批判している。

     社会保障、子供の貧困対策、教育、かさむ医療費等、財源がないとやっていけない。立憲民主党は批判するなら財源の裏付け等、対案を出すべきではないか。何でも反対では世の中やっていけない。

    国民には消費税そのものは定着しており、あとは国会議員の身の削り方、無駄をなくすことを示していけば十分理解は得られると私は受け止めているのだが。

     読者の皆様はいかがお考えだろうか。




    http://lite.blogos.com/article/332007/


    【ムネ男「立憲民は(増税を)批判するなら財源の裏付け等、代案を出すべきではないか」】の続きを読む

    このページのトップヘ